物流営業支援システム(LSS)

LSS(物流営業支援システム)とは、かんたんに言ってしまえば「情報のマッチングサイト」です。e-sohko.comが運営する物流営業支援システム、つまり御社専用の営業ホームページです。
LSS(物流営業支援システム)は、様々な仕組みで御社のビジネスに繋がる情報を受け取ったり、御社から発信したりすることで、LSS会員企業の皆様の出会い(ビジネスチャンス)を創出する、新しいスタイルの営業支援ツールです。
今は、営業の問い合わせは、ホームページからが9割という時代。イーソーコが提案するLSSは、問い合わせを呼び込むページを作成することです。
あなたが仕事で、今まで付き合いのない会社を調べようとしたらどうしますか。
何をやっている会社?どのくらいの事業規模?どこに拠点があるのか?まずはインターネットで調べますね。同じように、今現在でも、あなたの知らないところでネットで企業のことを調べている人がいます。だから、問い合わせを呼び込めるページが必要なんです。
LSSで、あなたの物流営業の概念が180度変わる!

LSS Logistics Sales Support 物流営業支援システム

貴社専用の営業情報を掲載したホームページが簡単に作成できる

貴社の物件情報、テナント情報、物流情報を貴社の営業情報として掲載する貴社専用のホームページをご用意します。
更新作業も、専門的な知識は必要ありません。 簡単にメンテナンスしていただけます。
貴社の既存のホームページの1コンテンツとして御利用いただいたり、 名刺に「最新の営業情報はこちらから」と印刷していただいて、お客様が 貴社の最新情報をいつでもご確認いただけるようにすることが可能です。

日本最大級の倉庫情報検索サイト「イーソーコ.com」からの誘導


年間60万人が来訪、480万ページビュー(閲覧数)を誇る日本最大級の倉庫情報 検索サイト「イーソーコ.com」で提供される、"物流企業検索"で貴社をご紹介して、 貴社のLSSページへ誘導します。
新たなお客様との出会いをサポートします。

賃貸だけでなく寄託情報の取り扱いも可能

これまでのWebサイトで取り扱う倉庫情報は、賃貸倉庫に限定されていました。 しかし、倉庫のあり方が多様化してきた昨今、LSSでは営業倉庫(寄託)の情報に 関しても取り扱えることを可能にしました。
貴社の倉庫情報を余すところの無くお客様にご提供し、新たな営業機会を創出できることを目的としています。


物流営業支援システム(LSS)をマンガでも説明

上にもどる↑

LSS開発ウラ話

ここからは、役員と制作担当者の対談から、開発の経緯や当社のLSSにかける思いを通して、LSSの有益性やメリットをご理解いただければと思います。

物流業界ではWEBの力が埋もれている

遠藤社長

遠藤社長(以下遠藤)

インターネットは活用次第というのが基本の考えで、まだまだ可能性がある、 何かできないかと考えたのが物流営業支援システム(LSS)の開発の始まりだったね。

IT部早崎係長(以下早崎)

確かに、当社のWeb事業のイーソーコ.comは、年間60万人が訪れて、480万ページビュー(閲覧数)がある、 大きなポテンシャルを秘めているサイトなので、もっとそれを活かせる可能性があると思っていました。 しかし、どう活用すればいいのかという具体的なものになると、なかなか見つかりませんでした。

遠藤
物流業界のWeb対応の遅さが突破口になったよね。他の業界に比べ、 インターネットを利用した営業という考え方が遅れていることに気づいたことが良かった。
早崎
Web利用で代表的なホームページを見ていると、ほとんどの物流企業がもっています。 ですが、しっかり営業に結び付いているかどうかは別の話。ホームページに誘導する部分が弱いため、せっかくのホームページが見られていない。 イーソーコ.comから誘導すれば、物流に関心のある人に各企業のホームページを見てもらえる。それが、各社の営業につながればと考えました。
遠藤
そういうスキームが浮かび、イーソーコ.comの強みを活用できると確信したからね。 あとは、利用者の利便性を考えたサービスを考えるだけで、大枠はすぐ決まりました。

自由度の高い営業ホームページに

IT部早崎係長

早崎
簡単に大枠が決まったと言いますが…。
遠藤
一番重要なのが、ターゲットの設定だったね。やるからには、新しいことに挑戦したいという考えもあり、 物流の全プレーヤーを巻き込みたいという壮大な意気込みでした。
早崎
今まで、倉庫企業とのネットワークはできていました。日本全国の企業のオーナー様との関係が、当社の大きな力となっていました。 さらに、運送企業や物流施設を扱う不動産、荷主などを巻き込んでいこうという考えで、LSSを設計していきましたね。
遠藤
あまりにも盛り込みすぎて、焦点がぼやけたこともあったけど。
早崎
試行錯誤して、今の4つのサービス(自社アピール、物件情報、テナント情報、物流情報)に絞りました。 なんでもできるではなく、何ができるのかを考え、できるだけ物流企業の皆様が自由に使える部分を多くしました。 基本コンセプトは、物流の情報共有ができる場です。
遠藤
使い方の自由度を高めることで、倉庫企業様だけでなく、運送や不動産企業様にも利用できるように工夫しました。 自社アピール欄は自由にいつでも書き換えられる。普通のホームページなら、書き換えるのにお金も時間もかかるけど、 お客様にそんなリソースはないからね。
早崎
営業に必要な情報は何かを考えたら、物件情報(倉庫、物流施設の情報)やテナント・荷主の情報でした。 今まで、当社の営業が倉庫オーナー様との話し合いの中で、一番話題に上がることでした。 倉庫が空いて、荷主・テナントをつけたい。自社の倉庫がいっぱいなのに、荷主・テナントの要望がある、 新たな倉庫を探したい。そういった声に応えた営業特化型ホームページにしたかった。
遠藤
寄託情報を扱えるようになったのも大きいね。
早崎
今まで、イーソーコ.comで扱っていたのは賃貸情報だけでした。それを寄託情報が扱えるようにしました。 倉庫オーナー様からの要望が一番大きいところでしたので、実現できて、一安心です。

すべては物流企業のために

対談

遠藤
表面だけでなく、裏の管理システムもしっかりしたものができたと自負しています。
このシステムがあると、倉庫の空き状況と営業状況がリアルタイムに分かるため、 営業マンと現場のセンター長の情報を共有化できます。他社で販売しているとは聞いたことがない。 それがLSSに入ってもらうだけで、無料で利用できるのは大きいよね。
早崎
すべての物流施設を登録し、必要なものだけ、オープンにできます。空きのある倉庫だけをイーソーコ.comに載せることも可能です。
遠藤
おまけに「e-cargo」というシステムもつけました。“おまけ”という考えだったけど、これが評判だね。
早崎
当社のWeb事業は、物流企業様の情報交換の場を提供することが第一になっています。 “倉庫を探している”“人が足りない”“空きパレットが急に必要になった”そんな困ったことを気軽に書いて、 物流企業様が新たなネットワークを作ってもらえれば、それでいいという考え方です。 そういった意味では、あまり商売っ気がないのが、特長というか、問題なんでしょうか(笑)。
遠藤
今まで、ヒューマンネットワークの力で成長させてもらい、ITのノウハウも蓄積することができました。
LSSで、物流業界のために少しでも還元できればという思いです。ITは所詮ツールです。LSSが物流企業の皆様の売上や利益に貢献できれば、 こんなにうれしいことはないですね。

LSSについての詳しい情報はこちらから
LSS Logistics Sales Support 物流営業支援システム

上にもどる↑