cross_text
ethree
3

太田綸佐子

RISAKO Ohta

平成26年4月入社。神奈川県出身。大学卒業後、新卒でイーソーコに入社。現在は電話問い合わせの受付や営業支援、募集物件の反響対応など、ストラテジー業務を担当。
「人と話すのが大好きなので、お客様と電話で会話する時間が幸せです!」

1

吉野裕貴

YUKI Yoshino

平成24年8月入社。埼玉県出身。高校卒業後に料理の専門学校を出て、都内のフレンチレストランに就職。その後は大手酒販宅配チェーンで倉庫内作業・運送・配送といった物流の仕事を経験し、現在はイーソーコ物流不動産部主任。宅地建物取引士の資格を取得し物流不動産ビジネスに従事している。
「営業をやっていますが、実は人見知りです!」

teramoto

寺本憲司

KENJI Teramoto

平成27年8月入社。東京都出身。大学卒業後に飲食店で働いていたが営業を学ぶためにイーソーコに入社。現在は物流と不動産を同時並行で学び、イーソーコグループの運営する日建学院田町芝浦校で宅地建物取引士の資格を取るべく勉強中。
「まだまだ分からない事だらけですが、日々新しい出会いや様々な業種の方とお会いして成長できている実感が充実しています」

あなたの入社動機を教えてください。

1

【吉野】
もともとはフランス料理の料理人を目指していたのですが挫折しまして、その後アルバイトで大手の酒販宅配チェーン店でお酒の配達を中心に商品管理をしていました。私は性格的にやってみないとわからないところがあって、興味のあった不動産業をやってみたいと思い、軽い気持ちで入社しました。配達の仕事では倉庫兼店舗で働いており、いま思えばそこで物流の大切さを学ぶことができました。
配達をしているときに思ったのですが、配達の力仕事と違って不動産業は年をとってからもできますよね。そのスキルを身につけたいというのと、あとは土日に休めるっていうのもありました。24歳で、物流でも不動産でもないところからの転職でしたが、未経験でもゼロから教えてもらえるというのも魅力的でした。

2

【寺本】
私も、料理人ではなかったのですがイタリアンの店でホールや配達などをやっていました。ホールでも接客はしますが、やはり社会人として営業の能力は大切です。これを身につけたい、自分にどれくらいのことができるのか見極めたいと考え、転職しました。業種も特に希望はなく、とにかく営業ならいいと思って探していたのですが、そこで目にしたのがイーソーコの倉庫リノベーションでした。単純な動機ですが「格好いい」と思ったのです。倉庫をオフィスに変えたり、そういうのを自分でもやってみたいと思いました。

3

【太田】
私は大学を卒業して新卒で入社しました。就職活動をしているときに知人からおもしろい会社があると聞いて、調べてみたら物流不動産という、物流を基軸に様々な事業を展開している会社でした。実は父が不動産会社に勤めていたこともあって不動産業界は身近だったのですが、物流不動産は不動産業務があってもそれは一部です。実際には物流の効率化やIT、建築や金融の知識が必要な業務などもあって、私にもいろいろな仕事ができそうな気がして入社しました。

cross2

実際に入ってみて

1

【吉野】
私は大学も出ていないのですが、イーソーコは役職とは別に給与を上げられるシステムがある。そこが良かったです。高卒だと、一般の企業ではよほど頑張らないと役職も給与も上がりません。それが経験や学歴に関わらず、マスターリースなどの契約を決めればそのぶん給料を上げられます。もちろん自分のがんばり次第ですが、それを後押ししてくれるような商材もたくさんあり、例えば入り口は仲介でも、リノベーションやセキュリティカメラの販売、各種工事などいろいろな稼ぐ手段が用意されています。物流不動産というのは単純な仲介ではなく、自分のやりたいことができるビジネスだと思います。

2

【寺本】
吉野主任の言うとおりですね。自分のがんばり次第で給料が上がります。それでいて、プライベートな時間をきっちりとれるのも良かったですね。契約直前など忙しい時はありますが、それは給料に反映されますし、自分の時間が欲しいときは定時に帰る。そういう環境が用意されています。仕事とプライベートが区別されていて、息抜きもしっかりできると感じています。

1

【吉野】
若い人が多いのも良かったですね。仕事の話もプライベートの話もしやすいですし、心情的に共感しやすい気がします。年齢が近いとライバル心が芽生えることもありますが、それも自分のモチベーションにつながります。
もっともいいところばかりではありません。いまイーソーコでは若手社員を増やしていますが、業務のルールづくりを含めてまだまだ業務システムが完璧ではない部分があります。仕事のシステムづくりから関われると考えれば悪くはありませんが。それと仲介を任されている物件のなかには古い倉庫もありますし、それに夏は暑くて冬は寒いです。これも倉庫ならではですけれども。

3

【太田】
不動産には親しみがあったとはいえ全くの未経験でしたので、知らないことばかりで最初は戸惑いました。イーソーコグループでは3日間の「物流不動産ベーシック研修」をはじめ、「物流不動産ビジネス6ヶ月研修」などの研修制度が整っていますので、かなり効率的に業務を学ぶことができたと思います。とはいえ日々新しい案件が入ってきますので、学ぶことがなくなるということもありません。ただし学んだことを生かせるかどうかは自分次第です。自ら率先してやっていけば、知識はどんどん身になっていくと思います。

2

【寺本】
私も覚えなければならないことが思った以上に多くて苦戦しています。倉庫や物流だけでなく、不動産や建築のことも知識として頭に入れておかなければなりません。勉強会や社内テストなど勉強する環境が整っていますし、必須とされている宅地建物取引士の資格取得についてもバックアップがありますが、もっと頑張らないといけません。
他に思っていたのと違ったことというと、私はリノベーションがやりたくて入社したので、もっとクリエイティブな日常を想像していました。それがいきなりフォークリフトに乗せられそうになったりして。

1

【吉野】
かたくなに断ってたじゃないか(笑)。
でも物流現場を経験すると倉庫の見方が変わってきますし、お客様との話もスムーズにすすむようになります。それにイーソーコでは、みんな一度はフォークに乗ってみることになっているんですけれどね。
とはいえ確かに覚えなければいけないことは多いです。物流も不動産も専門用語が多くて、最初は先輩が何を話しているのかもわかりません。やはり最終的には自分の頑張り次第ですね。

cross3

成功談、失敗談

3

【太田】
私のいる物流不動産部には「営業」と「ストラテジー(営業支援)」という職種があって、私はストラテジーをやっています。外に出る営業とは違って、電話でお客様のニーズを聞き、要望に近い物件を探して提案したり、営業のサポートをしたりする仕事です。自分が今までやりとりさせていただいた方から直接ご相談をいただいたときや、自分の提案した物件が成約したときにはやりがいというか、嬉しさを感じますね。

1

【吉野】
私も、オーナーさんから任せてもらった物件にテナントを入れられたときは嬉しかったですね。ある時、オーナーさんからなかなかテナントが決まらないと相談がありまして、結果としてインド料理店の食材やスパイスを保管する倉庫として貸すことができました。テナントを入れたのは初めてではありませんし専任でもなかったのですが、このときは嬉しかったです。
というのも、オーナーさんがエスニック料理好きということもあって、どんなお店なのかいっしょにカレーを食べにいったりして、自分なりに考えていろいろと提案をしてみたのです。オーナーさんからも信頼していただいて、決して大きな金額ではなかったのですが、契約が決まったときにオーナーさんから笑顔でお礼を言われて、それがすごくうれしかったです。

2

【寺本】
私もテナントを決められたときですね。クレーン付きの倉庫を探しているという千葉の会社から問い合わせがあって、埼玉に丁度いい倉庫があったのです。賃料は今よりも下がるのですが交通の便も良くなくて、そこを借りるためには従業員を一人減らさなければならなかったそうです。それでも決断していただいて、結果として良いところを借りられたと感謝していただきました。
初めてのケースでしたので不安もありましたが、自分のやっていたことが間違っていなかったんだなと。それに次に向けての経験にもなりました。

3

【太田】
金額や規模の大きな契約が決まったときも確かに嬉しいです。でもそれより、お客さんやオーナーさんからの感謝の言葉の方が嬉しいですね。

2

【寺本】
逆に嫌だった、というか良い経験になったのが、契約直前で断られたことですね。ある倉庫を借りたいというお話を受けて、契約書を作成して後は印鑑を押すだけというところで断られたのです。契約を結ぶ前日の夜8時くらいでしょうか。電話がかかってきまして、実は借りられなくなった、と。それはびっくりしました。不動産というのはこういう世界なのかと。

1

【吉野】
いや、不動産の世界でもめったにあることではありません。事情を聞いてみると、借り手のクライアントがOKしなかったのだそうです。

2

【寺本】
クリスマスイブのことでした(笑)。

1

【吉野】
私はマスターリース先のテナントさんからクレームがありまして、それがこたえました。ちょっとしたトラブルがあって私が謝りにいったのですが、それがきっかけで溜まっていたのか次から次とクレームを言われました。最終的には私では収まらず大谷会長までが謝りに行くことになりました。自分が良かれと思ってやっていたことまでクレームを言われて、悔しい思いをしました。でもそれをきっかけに、何がお客様のためになるのかをもっと深く考えようという気持ちが芽生えました。今ではクレーム対応は、自己成長の機会を頂くチャンスだと思えるようになりました。

cross4

イーソーコで働くやりがい

1

【吉野】
自分のやりたいことを自由にチャレンジさせてもらえるところです。物流不動産ビジネスには商品となるツールが多く、いろいろな角度から売上を伸ばせる点にやりがいを感じます。物流では寄託案件、不動産ではマスターリース、仲介、管理、たまに管理物件の守衛業務をすることもあります。

3

【太田】
自分に合った働き方ができる、ということでしょうか。やろうと思えばとことんできますし、少しセーブして自分の時間や家族との時間を大事にしながら働くこともできます。実際に、小さな子供がいるお母さん社員も珍しくありません。自分のライフスタイルに合った働き方ができることで、仕事でもプライベートでもやりたいことをしっかりやりことができます。長く働ける環境で充実した毎日を送ることで、やりがいも見つけやすいと思います。

2

【寺本】
物流とか建築とか金融とか、いろいろなことを幅広く学べるのも自分にとってのやりがいです。セミナーの運営なども含め業務の幅も広いですし、自分で手を挙げれば何でもやらせてもらえるというのもやりがいになります。
あとリノベーションをやっているので、仕事としておしゃれなカフェに行ったりもできます。情報収集は大切ですので(笑)。

1

【吉野】
自分の成長という意味でいえば、今でこそ営業の仕事をしていますが、実は私は人の前で話すのが得意ではないのです。ただそれでは良くないので、営業に行くときも話のネタを仕込んでから行ったりしています。不得意なところを克服するというのもやりがいを感じることがありますね。入社前に比べ前向きになった気がします。

自分の将来像

3

【太田】
イーソーコグループでは、物流を基軸に不動産や建築、IT、金融などあらゆる関連業務に精通した人材を「物流ユーティリティープレイヤー」と呼んでいます。従業員はみんな一人前の「物流ユーティリティープレイヤー」を目指しているのですが、私もその一人として早く一人前になりたいです。物流のこと、不動産のことを聞かれても、何でも答えられるような。

1

【吉野】
自分はイーソーコに入る前は全然しっかりしていなかったので、スーツを着て仕事をするのも初めてでしたし。入社した時は敬語や社会常識をはじめとして、社会人としてはずかしくないようになりたいと思っていました。そもそも入ったときが一般の社会人以下だったので、ようやく社会人としてスタートラインに立てたかな、というところです。近い将来、結婚して家を買って、みたいなことも考えていかなければならないのですが。

2

【寺本】
ざっくりとですが、何年後かに人から何ができるのかを聞かれたときに、はっきりと「営業です」と、自身を持って答えられるようになりたいと考えています。知識ですとかノウハウですとか、もっと身につけていきたいです。

cross5

イーソーコで今後挑戦したいこと

2

【寺本】
今はまだ日々の業務で精いっぱいですが、とにかく自分はどこまで営業ができるのか、試してみたいです。

1

【吉野】
最近、倉庫リノベーションの問合せが増えてきています。そのスタートラインである物件探しがとても面白く、しかしクリアすべき問題が多く苦戦することが多いので、もっと事例を増やして挑戦していきたいです。あとは、もっと給与を上げて実家を建て替え両親に喜んでもらいたいです。

3

【太田】
私は学生時代にアメリカに留学していたことがあります。イーソーコグループには「日本物流不動産株式会社(海外版e-sohko.com)」という海外からのインバウンドのお客さまの問い合わせに応える英語対応の会社があり、私も英語力を生かしたご案内をすることがあります。
今、海外からの問い合わせが増えてきていると感じています。イーソーコではこうした案件に対応すべく、社内でロジスティクス英会話を開いています。英語で倉庫を案内できるレベルを目指して勉強しています。私もイーソーコの業務経験と英語の知識を生かして、成約に貢献していければと思います。

cross6

将来、一緒に働くかもしれないあなたへ

1

【吉野】
イーソーコは勉強できる仕組み、稼げる仕組みが整っています。それを吸収できるか、そして生かせるかどうかはあなた次第です!

2

【寺本】
その通りですね(笑)。自分でガツガツやっていきたい人、プライベートを重視して毎日定時で帰りたい人、どちらにとっても良い環境だと思います。いろいろなことも経験できるので、学ぶことが多いと思います。

3

【太田】
英会話など福利厚生も充実しているので、仕事はもちろん茶道、テーブルマナー、ペン習字など、プライベートでも活かせる教養がたくさん身に付きます。一緒に働けることを楽しみにしています!